銀行系のカードローンの金利

銀行系のカードローンの金利は低めに設定されています。
そもそも、銀行系のカードローンを提供しているのは銀行そのものではありません。
銀行の傘下に入っている大手の消費者金融なのです。
消費者金融というのは、個人消費者に対して融資を行なう金融機関の事を言い、キャッシングという少額融資のサービスを主として提供している機関の事を言います。

消費者金融は個人に対する少額融資をしているわけですから、基本的にお金を貸すことを目的として経営を行なっているわけです。
ですので、金利を高く設定するとお金を借りれなくなってしまうので本末転倒になってしまいます。
実際、大手の銀行系のカードローン会社では非常に借りやすい金利を設定しています。
これには法律的な制限も無関係ではありません。

少額融資のカードローンには、普通の融資のサービスには適用されない法律が存在しています。
この規制の事を総量規制と言います。
総量規制は少額融資に対してだけ適用されるサービスで、簡単に言うと融資の枠に上限を設定する規制の事を言うのです。

融資の枠に上限があるのですから金融機関の一人あたりの利息の取り分はその規制の範囲で必ず収まるようになっており、大きな利益を得ることは出来ません。
だからこそ、金利を低く設定してより多くの人に貸す必要が出てくるのです。
金利を低く設定するとそれだけお金を借りやすくなるわけですから、自然と金融機関の取り分も増えます。
銀行系のカードローン会社では信用性の高さもあいまって余計に金利を低くしているわけです。

わかりやすいサイト アコムマスターカード徹底ナビ〜審査や評判・申し込み方、作り方は必見情報!