金利比較に役立つ便利な方法

キャッシング会社の金利比較に役立つ便利な方法が一つあります。
それは、法律を確認することです。
実は、キャッシングにおける金利の上限は最初から法律によって定められています。
そのため、キャッシング会社は自身が設定したい好きな値を設定することが出来なくなっていますので、法律に明記されている上限金利を知っていればどの会社の金利が低く設定されているのかが一目瞭然でわかるようになっているのです。

キャッシングの金利に関しては、利息制限法と言う法律が適用されます。
利息制限法の利息の範囲は非常にわかりやすく、融資をする金額に従って簡単にわかるのです。
例えば、10万円未満の融資だと上限の利息は20%、10万円以上で100万円未満の融資ならば18%、100万円以上の融資ならば15%と言う具合に最初からその範囲が決まっているわけです。
ですので、これを参考にすればキャッシング会社の金利比較がものすごく楽になります。
法律があるからと言って、キャッシング会社は必ずその上限を限界まで利用しなくてはいけないわけではありません。

そのような法律的な制限は存在しないからです。
単純に請求できる利息に関する限界値が示されているだけで、それ以下の利息を請求することに関しては完全にキャッシング会社の自由であり、これこそ会社ごとのサービスの違いで変わってくるものだと言えます。
優良なキャッシングのサービスを選択するときには、このような比較で考えれば良いわけです。