消費者金融のキャッシングでは

消費者金融のキャッシングでは、利用している事実を他人に知られたくないケースが多くなりますので、利用案内などの書類が自宅に郵送されることを避けたい場合があります。
キャッシングに限らず、契約内容については書面交付義務がありますので、何らかの形で契約内容について交付されることになります。
しかし、郵送にて利用案内を送るなどの送付義務はありませんので、郵送物を回避することは可能です。
現在のキャッシングはWEBサイトから申し込みが可能となっていますし、借入から手続きまでを全てWEBサイトで行うことが可能です。

金融業者のWEBサイトには契約者専用のページが作成されますので、その中で利用明細を確認することもできますし、利用案内や契約内容を確認することが可能なのです。
店頭での申込みや自動契約機からの申込みでは、WEB会員にならない限り書面にて郵送されることになりますので、自宅に郵送物が送付されるのを避けるにはWEBサイトから申し込みをする必要があるのです。
一方で絶対に郵送物を避けられない場合もありますので、金融業者との契約内容や運営方法について確認してから申込むことが大切です。

郵送物が避けられない場合とは、解約した場合やカードの利用を停止されている場合などがあります。
現在のキャッシングではWEB明細が主流となっていますので、日常的な郵送物はほとんど送られてきませんが、WEB明細が絡む登録情報の変更を行った場合には書面交付義務によって郵送物が送られてくる場合があるのです。